まずは、リサイクルショップで買い取りしてもらう。電化製品に特化したリサイクルショップでは、比較的高く買い取ってくれる。液晶テレビは、製造から5年以内のものであればより高値で買い取りしてもらえる。買い取り価格を期待しなければ5年以上経過したテレビや、人気ではないブランドの液晶テレビも処分料がかからないで、買い取ってくれることがある。つぎに、オークションやフリーマーケットサイトで販売する場合。オークションやフリーマーケットサイトでは、自ら出品・販売することでリサイクルショップの買い取り価格よりも高値で取引できることがある。出品の際、画像、テレビ枠の色、メーカー、型番・年式、取扱説明書・保証書はあるか、リモコン等の付属品はあるかなど載せると良い。また、リサイクルはまさしくリサイクル法対応の処分方法である。液晶テレビは販売店に伝えておくことで引き取ってもらえる。ただし、その販売店が引き取るのか、自治体指定の事業者に委託されてから引き取られるのかは店により異なる。そして、購入店舗以外に持ち込みする場合、販売した小売店以外には、テレビの引き取り義務はないが、メーカーが倒産・不明、購入店舗が遠方の時などには、近くの家電量販店で引き取ってくれることがある。買い替えをする場合には、買い替えで古い液晶テレビの処分を相談するのも良い。また、リサイクル料金は必ず必要になる。ただし、搬出料金・設置料金に関しては有料かどうか確認するのがいいだろう。自治体指定の回収業者に依頼する場合、自治体にリサイクル券の方式が料金販売店回収方式か料金郵便局支払方式かを確認する必要があり、必ず自治体の指示に従うこと。

                  

「不用品回収も遺品整理も頼れる場がある」のトップへ戻る