洗濯機は家電リサイクル法対象の家電4品目に該当するので粗大ゴミとしては処分することができない。洗濯機の処分にはリサイクル料金がかかる。また、別途運搬料金がかかる場合がある。リサイクル料金はメーカーごとに決まっているので、事前に確認することが大切である。洗濯機の正しい処分方法としては、まず、家電販売店で引き取り処分してもらう。洗濯機販売店では販売時に購入者から、洗濯機の引き取りを依頼された場合には引き取り処分をしなければならない義務がある。以前、販売した洗濯機であっても、引き取りしなければならない。これは、法律で決められているので、引き取りを拒むことはできないのだ。しかし、販売していない洗濯機であれば販売店は断ることができる。リサイクルショップで引き取り、買い取りしてもらう場合は、持ち込む前に掃除をしておく。きれいな印象があると買取金額が上がる場合がある。また、説明書や付属品も添付しておかないと、値下げされてしまう場合がある。不用品回収事業者に依頼する場合は、許可や登録番号があるか、一般廃棄物か産業廃棄物の許可を受けているかなどの確認が必要である。そして、回収費用はどのくらいかを事前に確認すること、できれば複数の事業者から見積もりを取ってみるのもいいだろう。自ら洗濯機を指定取引場所に持ち込み処分する場合は、郵便局にてメーカーとサイズをリサイクル券に記入しリサイクル料金を支払い、洗濯機と一緒に指定取引場所に持ち込んで処分してもらう。指定取引場所は地域により異なるので自治体に確認することが必要だ。洗濯機を無料で処分するには、リサイクルショップにて引き取りまたは、買い取りをしてもらえればいいが、製品によっては難しい場合がある。

                  

「不用品回収も遺品整理も頼れる場がある」のトップへ戻る